ミラグロAGの副作用の報告の有無

公式サイト(brudy.net)による説明

ミラグロAGサプリの有効成分であるアルガトリウムの開発を行ったブルディテクノロジー社の公式ページでは、成分の効用について、100%天然成分(魚油)を使用したDHA(オメガ3系脂肪酸)を配合することによって身体そのものの抗酸化能力を強化するため、それによる副作用はないとしています。

主成分アルガトリウムの性質について

ミラグロAGの主成分として配合されているアルガトリウムは魚油に豊富に含まれる天然油脂を原料に精製したものです。アルガトリウムの原料になっている成分は次のようなものです。

ミラグロAGサプリメント





不飽和脂肪酸、オメガ3、DHAとは

不飽和脂肪酸・・・脂肪酸(一般的に脂質と呼ばれるもの)の中でも融点が低く、低温でも液状を保つことが出来るという特徴があり、魚類や寒冷地の動物の体内で多く生成されます。
脂肪酸は体の細胞膜を作る働きがありますが、動物性の不飽和脂肪酸は固化する作用が強いことから、摂りすぎると細胞膜が硬化し、生活習慣病を発症する原因になると考えられています。

オメガ3・・・不飽和脂肪酸(DHAやEPAなど)の総称です。生命維持に必要な脂肪酸(必須脂肪酸)の一つですが体内で生成することができないため、摂取するためにはオメガ3を含有している食物(青魚の魚油・えごま油・亜麻仁油・チアシードオイルなど)をとる必要があります。
細胞膜や脳細胞を作る原料となる成分で、これによって赤血球膜(赤血球の表面)を柔らかくするなどの効果があり、血液の流れを改善するため、動脈硬化や脳梗塞、アルツハイマーなどの疾患を予防すると考えられています。

青魚DHA・・・正式にはドコサヘキサエン酸とよばれ、EPA(エイコサペンタエン酸)とともに、魚類(いわし・ぶり・さんま)に多く含まれるオメガ3系の不飽和脂肪酸です。
主に細胞膜の原料となる脂肪酸で、動物性脂肪に含有される飽和脂肪酸よりも低い温度で液状をたもつ作用があることから、様々な細胞(脳神経細胞、血管をつくる細胞、赤血球の細胞膜など)を柔軟にし、潤滑作用の高い成分です。

※三つの成分をカテゴリのサイズとして考えると〝不飽和脂肪酸>オメガ3>DHA/EPA〟となります。

詳しくはこちらの記事もご覧ください⇒ミラグロの主成分アルガトリウム(Algatrium®)とは?

妊娠中のサプリメント摂取について

妊婦一般的にサプリメントの服用は妊娠中には推奨されていません。これは、サプリメントのカプセルの精製に使用される化合物(硬カプセルに使用される接着剤など)が胎児に影響をあたえるとされることや、特定の栄養素が細胞分裂を活性化する作用をもつことから、妊娠初期の胎児の成長に影響をあたえることなどが懸念されるためです。
また、サプリメントはそのものが〝栄養補助食品〟であり、普段の食事で不足する栄養素を補う目的があることから、妊娠中にはバランスの取れた食事をする必要があるという意味でサプリメント摂取に頼らない食生活が推奨されています。